*

懐かしマンガ

本の整理をしていたら、懐かしい漫画が出てきました。将棋を題材にした漫画「5五の龍」真剣師に落ちぶれた父を嫌い、将棋を憎んでいた主人公の駒形竜が将棋に目覚め、専門棋士を目指すストーリです。ライバルや仲間との戦いで、挫折や成功を繰り返し成長していく、スポ根タッチな作品。作者のつのだじろう氏も有段者ということで、将棋の戦術や将棋界の話など、かなり詳しく書かれているのが面白いですね。読み始めたら、一気に最後まで読んでしまいました。最近は将棋ってやらなくなったけど、久々に差してみたくなりました。脱毛 鼻下 部分


コメントする